今日のことば

7月2日

てにをはが合わない
てにをはが合(あ)わない


[注記] 「てにをは」は助詞を表わし、それが正しく使われていないという意から

話のつじつまが合わない様子。「てにはが合わない」とも。

「あの男の言っていることは、全くてにをはが合わない」

[類句] 平仄(ひょうそく)が合わない
色が褪せる
色(いろ)が褪(あ)せる 《慣》


古くさくなったり見かけ倒しであることが分かったりして、当初に感じられた新鮮な魅力が失われる。

「あの流行作家も盗作問題を起こしてからは、すっかり色が褪せてしまったね」





バックナンバー
8月7日
・ベンチを暖める
・一樹の陰一河の流れも他生の縁
8月6日
・眼をつける
・豚に念仏猫に経
8月5日
・ぐるになる
・姿を消す
8月4日
・造作も無い
・駄駄をこねる
8月3日
・一人歩き
・筆を揮う
8月2日
・弁慶の泣き所
・米寿
8月1日
・目が覚める
・どろんを決める