今日のことば

6月29日

目をそらす
目(め)をそらす 《慣》


そのまま見続けるのがぐあいが悪かったりして、視線を外す。

「彼は身にやましいところがあるのか、私と目が合うと、あわてて目をそらした」
咳唾珠を成す
咳唾(がいだ)珠(たま)を成(な)す


[出典] 〈晋書(しんじょ)・夏侯湛伝(かこうたんでん)

詩文の才能が豊かなことのたとえ。「咳唾」は、せきとつばで、他人の言語を敬っていう。ちょっと口から出る言葉も、玉のように美しいという意味。

[原文] 「咳唾(がいだ)、珠玉を成し、袂(たもと)を揮(ふる)えば風雲(ふううん)を出(いだ)す」





バックナンバー
8月7日
・ベンチを暖める
・一樹の陰一河の流れも他生の縁
8月6日
・眼をつける
・豚に念仏猫に経
8月5日
・ぐるになる
・姿を消す
8月4日
・造作も無い
・駄駄をこねる
8月3日
・一人歩き
・筆を揮う
8月2日
・弁慶の泣き所
・米寿
8月1日
・目が覚める
・どろんを決める