今日のことば

2月22日

傍若無人
傍若無人(ぼうじゃくぶじん)


[出典] 〈史記(しき)・刺客伝(せっかくでん)・荊軻(けいか)

人まえをはばからずに、勝手気ままに振る舞うこと。「傍」は「旁」とも書く。「傍(かたわら)に人なきが若(ごと)し」と読み、そばに人がいても全く気にしないで、人がいないように、勝手放題に振る舞うこと。

[原文] 「高漸離(こうぜんり)、筑(ちく)を撃ち、荊軻(けいか)、和(わ)して市中に歌い、相楽(あいたの)しむなり。已(すで)にして相泣(あいな)き、旁(かたわら)に人(ひと)無き者の若(ごと)し〔高漸離(こうぜんり)が筑(琴に似た楽器)をかきならし、荊軻(けいか)がこれに合わせて町中を歌い歩き、皆で楽しんだ。やがて皆でわっと泣き出し、まるでそばに人などいないような振る舞いであった〕」
連理の枝
連理(れんり)の枝(えだ)


[出典] 〈白居易(はっきょい)の詩、長恨歌(ちょうごんか)

男女の相思相愛の仲をいう。

比翼連理(ひよくれんり)





バックナンバー
4月2日
・木石に非ず
・連理の枝
4月1日
・ぺてんにかける
・造作も無い
3月31日
・出る幕ではない
・プラスアルファ
3月30日
・粋は身を食う
・手の裏を返す
3月29日
・二進も三進も行かない
・らっぱを吹く
3月28日
・耳をつんざく
・胸に手を当てる
3月27日
・座が白ける
・顔を曇らせる