今日のことば

12月6日

物色
物色(ぶっしょく)


[出典] 〈後漢書(ごかんじょ)・厳光伝(げんこうでん)

あちこち捜し求めること。もと、人相書きによって人を捜し求める、という意味。

[原文] 「帝、その賢を思い、乃(すなわ)ち物色を以(もっ)て之(これ)を訪(と)わしむ」
竹の子生活
竹(たけ)の子(こ)生活(せいかつ) 《慣》


家計が苦しいため、竹の子の皮を一枚ずつはぐように、衣類などを少しずつ売りながら暮らしていく生活。特に、第二次世界大戦直後の窮乏生活を言う。

「終戦直後の竹の子生活を思うと、世の中も変わったものだ」





バックナンバー
9月21日
・捨てる神あれば拾う神あり
・座が白ける
9月20日
・坩堝と化す
・燃犀の明
9月19日
・時の用には鼻をそげ
・骨折り損のくたびれ儲け
9月18日
・底に底あり
・顔を利かす
9月17日
・味なことをやる
・万難を排する
9月16日
・琴線に触れる
・ぐうの音も出ない
9月15日
・芸は身を助ける
・火を見るよりも明らかだ