今日のことば

12月5日

座が白ける
座(ざ)が白(しら)ける 《慣》


今までの楽しかった雰囲気がこわされ、気まずい状態になる。

「彼のとげのある一言で、すっかり座が白けてしまった」
尾大掉わず
尾大(びだい)掉(ふる)わず


[出典] 〈左伝(さでん)・昭公(しょうこう)十一年〉

上が弱小で下が強大な時は、制御することができないたとえ。獣の尾があまり大きいと、自分の力で振り動かすことができない、という意。

[原文] 「末(すえ)大なれば必ず折れ、尾(お)大なれば掉(ふる)わざるは、君の知る所なり〔木の枝が大きすぎると、その本がきっと折れるし、獣の尾が大きすぎると、その尾を自由に振るい動かすことができないことは、主君もよく御存知(ごぞんじ)のことです〕」





バックナンバー
9月21日
・捨てる神あれば拾う神あり
・座が白ける
9月20日
・坩堝と化す
・燃犀の明
9月19日
・時の用には鼻をそげ
・骨折り損のくたびれ儲け
9月18日
・底に底あり
・顔を利かす
9月17日
・味なことをやる
・万難を排する
9月16日
・琴線に触れる
・ぐうの音も出ない
9月15日
・芸は身を助ける
・火を見るよりも明らかだ