今日のことば

12月4日

ペンを折る
ペンを折(お)る 《慣》


作家・評論家・新聞記者などが何かの事情でやむを得ず文筆活動をやめる。

「彼は戦時中、軍の圧力でペンを折らざるを得なかった」

[類句] 筆を断つ
上手を行く
上手(うわて)を行(い)く 《慣》


能力・技量・才知などが他よりも優れていること。他よりもずる賢いなど、悪い意味にも用いる。

「碁では僕の方が上手を行っている」





バックナンバー
9月21日
・捨てる神あれば拾う神あり
・座が白ける
9月20日
・坩堝と化す
・燃犀の明
9月19日
・時の用には鼻をそげ
・骨折り損のくたびれ儲け
9月18日
・底に底あり
・顔を利かす
9月17日
・味なことをやる
・万難を排する
9月16日
・琴線に触れる
・ぐうの音も出ない
9月15日
・芸は身を助ける
・火を見るよりも明らかだ