今日のことば

11月14日

芝居気を出す
芝居気(しばいぎ)を出(だ)す 《慣》


大げさなことをやって、世間の注目を集めてやろうという気を起こす。話し言葉では「しばいっけを出す」とも。

「芝居気を出して、冒険旅行を計画する」
糞土の牆は杇る可からず
糞土(ふんど)の牆(しょう)は杇(ぬ)る可(べ)からず


[出典] 〈論語(ろんご)・公冶長(こうやちょう)

性根(しょうね)のだめな者は、いくら教えても無駄である。はきだめの土で造った土壁は、こてで上塗りをすることはできない。「杇」は壁を塗る、こて。転じて、こてで塗ること。

朽木(きゅうぼく)は雕(え)る可(べ)からず





バックナンバー
7月10日
・呉下の阿蒙
・調子を下げる
7月9日
・赤繩を結ぶ
・平気の平左
7月8日
・顔を貸す
・罰が当たる
7月7日
・花は桜木人は武士
・論より証拠
7月6日
・熱しやすく冷めやすい
・旅路の命は路用の金
7月5日
・蛇足
・傾城に誠なし
7月4日
・愚者も一得
・ピントがぼける