今日のことば

10月10日

手の内を見せる
手(て)の内(うち)を見(み)せる 《慣》


(1)腕前のほどを相手に見せる。

「おれの手の内を見せてやろう」

(2)心中に抱いている計画などを明かす。

「本心を探ろうとしても、なかなか手の内を見せない」
素顔を見せる
素顔(すがお)を見(み)せる 《慣》


いい面も悪い面もさらけ出した、ありのままの状態を見せる。

「彼は見えっぱりで、親友にもなかなか素顔を見せない」





バックナンバー
10月17日
・剛毅木訥は仁に近し
・ほうきで掃くほど
10月16日
・プラスアルファ
・両天秤をかける
10月15日
・藻屑となる
・出る幕ではない
10月14日
・篠を突く
・ピントがぼける
10月13日
・頭寒足熱
・一役買う
10月12日
・何はともあれ
・いい迷惑だ
10月11日
・乱臣賊子
・傍若無人