今日のことば

10月10日

手の内を見せる
手(て)の内(うち)を見(み)せる 《慣》


(1)腕前のほどを相手に見せる。

「おれの手の内を見せてやろう」

(2)心中に抱いている計画などを明かす。

「本心を探ろうとしても、なかなか手の内を見せない」
素顔を見せる
素顔(すがお)を見(み)せる 《慣》


いい面も悪い面もさらけ出した、ありのままの状態を見せる。

「彼は見えっぱりで、親友にもなかなか素顔を見せない」





バックナンバー
5月29日
・耳をつんざく
・奉公人の陰口
5月28日
・論より証拠
・無芸大食
5月27日
・けりが付く
・煙あれば火あり
5月26日
・一人口は食えぬが二人口は食える
・竹屋の火事
5月25日
・両手に花
・篠を突く
5月24日
・ベンチを暖める
・盗人を捕らえて見れば我が子なり
5月23日
・櫛の歯が欠けたよう
・名を取るより得を取れ