今日のことば

9月12日

出端をくじく
出端(ではな)をくじく 《慣》


相手が何かを始めようとするところを妨げ、意欲をなくさせる。「ではな」は「でばな」、「出端」は「出鼻」とも書く。

「相手の出端をくじいて、一気に攻め込む」

[類句] 出端を折る
筆を曲ぐ
筆(ふで)を曲(ま)ぐ


[出典] 〈後漢書(ごかんじょ)・臧洪伝(ぞうこうでん)

わざと事実を曲げて書くこと。

[原文] 「昔、晏嬰(あんえい)は志を白刃(はくじん)に降(くだ)さず、南史(なんし)は筆を曲げて以(もっ)て存(そん)せんことを求めず〔昔、春秋時代、斉(せい)の宰相の晏嬰(あんえい)は白刃でおどされても志を変えることなく、史官の南史氏は事実を曲げて書いて、一家を存立させようとはしなかった〕」





バックナンバー
12月8日
・右の耳から左の耳
・輪をかける
12月7日
・煙あれば火あり
・血に飢える
12月6日
・物色
・竹の子生活
12月5日
・座が白ける
・尾大掉わず
12月4日
・ペンを折る
・上手を行く
12月3日
・私淑
・着のみ着のまま
12月2日
・耳をつんざく
・女の髪の毛には大象も繋がる