今日のことば

8月18日

四の五の言う
四(し)の五(ご)の言(い)う 《慣》


相手のやり方に不満があって、あれこれとうるさいことを言う。

「四の五の言わずについて来ればいいんだ」
幽明境を異にする
幽明(ゆうめい)境(さかい)を異(こと)にする


[出典] 〈晋書(しんじょ)・温嶠伝(おんきょうでん)

[注記] 「幽」は暗い意味で、あの世を、「明」はこの世をいう

死んであの世に行く。死別する。ある人と死に別れる意の文章語的な言い方。弔辞や追悼文などに多く用いる。

「君と幽明境を異にして既に十年」

[原文] 「君と幽明道(みち)(わか)る」

[類句] 幽明処(ところ)を隔つ/幽明相隔つ





バックナンバー
9月16日
・犠牲を払う
・傾城に誠なし
9月15日
・頭が高い
・蛇に蛙
9月14日
・小馬の朝勇み
・内弁慶
9月13日
・てにをはが合わない
・寄る年波には勝てぬ
9月12日
・出端をくじく
・筆を曲ぐ
9月11日
・縁もゆかりも無い
・十指に余る
9月10日
・ペンを折る
・鼻の下を長くする