今日のことば

8月15日

顔を曇らせる
顔(かお)を曇(くも)らせる 《慣》


不安や悲しみなどのために、表情を暗くする。

「父の人間ドックの結果が再検査だと聞かされ、母はさっと顔を曇らせた」
読書百遍義自ら見る
読書百遍(どくしょひゃっぺん)義(ぎ)自(おのずか)ら見(あらわ)る


[出典] 〈三国志(さんごくし)・魏志(ぎし)・王粛伝(おうしゅくでん)注〉

どんなむずかしい書も、何度も繰り返して読んでいれば、意味が自然にわかってくる。「読書百遍意自ら通ず」ともいう。

[原文] 「人(ひと)、従い学ぶ者有り。(董(とう))遇(ぐう)教うるを肯(がえん)ぜずして云(い)う、必ず当(まさ)に先(ま)ず読むこと百〓(ひゃっぺん)なるべし、と。言うこころは読書百〓にして義自(おのずか)ら見(あらわ)るればなり」





バックナンバー
8月18日
・四の五の言う
・幽明境を異にする
8月17日
・暖簾を分ける
・股を刺して書を読む
8月16日
・造作も無い
・火を通す
8月15日
・顔を曇らせる
・読書百遍義自ら見る
8月14日
・万難を排する
・老馬の智
8月13日
・ぐるになる
・蛇足
8月12日
・物の弾み
・山をかける