今日のことば

8月10日

火を見たら火事と思え
火(ひ)を見(み)たら火事(かじ)と思(おも)え


ふだんの心構えと、機敏な反応・行動が大事に至るのを防ぐ。何事につけても用心が第一、という意。

[参考] 「人を見たら泥棒(どろぼう)と思え、火を見たら火事と思え」という。
魚腹に葬らる
魚腹(ぎょふく)に葬(ほうむ)らる


[出典] 〈楚辞(そじ)・漁夫(ぎょふ)

水死すること。水死して魚の餌(えさ)となる意。

[原文] 「寧(むし)ろ湘流(しょうりゅう)に赴(おもむ)きて、江魚(こうぎょ)の腹中に葬られん〔いっそ湘水(しょうすい)の流れに身を投げて、江魚の腹の中に葬られよう〕」





バックナンバー
8月18日
・四の五の言う
・幽明境を異にする
8月17日
・暖簾を分ける
・股を刺して書を読む
8月16日
・造作も無い
・火を通す
8月15日
・顔を曇らせる
・読書百遍義自ら見る
8月14日
・万難を排する
・老馬の智
8月13日
・ぐるになる
・蛇足
8月12日
・物の弾み
・山をかける