今日のことば

8月10日

火を見たら火事と思え
火(ひ)を見(み)たら火事(かじ)と思(おも)え


ふだんの心構えと、機敏な反応・行動が大事に至るのを防ぐ。何事につけても用心が第一、という意。

[参考] 「人を見たら泥棒(どろぼう)と思え、火を見たら火事と思え」という。
魚腹に葬らる
魚腹(ぎょふく)に葬(ほうむ)らる


[出典] 〈楚辞(そじ)・漁夫(ぎょふ)

水死すること。水死して魚の餌(えさ)となる意。

[原文] 「寧(むし)ろ湘流(しょうりゅう)に赴(おもむ)きて、江魚(こうぎょ)の腹中に葬られん〔いっそ湘水(しょうすい)の流れに身を投げて、江魚の腹の中に葬られよう〕」





バックナンバー
12月8日
・右の耳から左の耳
・輪をかける
12月7日
・煙あれば火あり
・血に飢える
12月6日
・物色
・竹の子生活
12月5日
・座が白ける
・尾大掉わず
12月4日
・ペンを折る
・上手を行く
12月3日
・私淑
・着のみ着のまま
12月2日
・耳をつんざく
・女の髪の毛には大象も繋がる