今日のことば

6月14日

最期を遂げる
最期(さいご)を遂(と)げる 《慣》


残された人に何らかの感懐を抱かせるような状態で死を迎える。

「信長(のぶなが)は本能寺の変で非業の最期を遂げた」
小馬の朝勇み
小馬(こうま)の朝勇(あさいさ)み


初めにあまり力を入れ過ぎて早く疲れてしまうことの例え。小馬は、朝はたいそう元気で走りまわっているが、やがて疲れてしまうからいう。「小馬の朝駆(あさが)け」ともいう。





バックナンバー
11月17日
・是非に及ばない
・豚に念仏猫に経
11月16日
・汚点を残す
・頭寒足熱
11月15日
・蛇足
・待てば海路の日和あり
11月14日
・芝居気を出す
・糞土の牆は杇る可からず
11月13日
・乱臣賊子
・最期を遂げる
11月12日
・是非も無い
・弁慶の泣き所
11月11日
・無芸大食
・合従連衡