今日のことば

6月11日

待てば甘露の日和あり
待(ま)てば甘露(かんろ)の日和(ひより)あり


いくらひでりが続いていても、待っていればいつかは、甘い露のような恵みの雨が降る日もある。あせらずに時期を待つのがよいというたとえ。「待てば海路(かいろ)の日和あり」ともいう。
目をそらす
目(め)をそらす 《慣》


そのまま見続けるのがぐあいが悪かったりして、視線を外す。

「彼は身にやましいところがあるのか、私と目が合うと、あわてて目をそらした」





バックナンバー
11月21日
・逆捩を食う
・万難を排する
11月20日
・山をかける
・ぐうの音も出ない
11月19日
・月夜に提灯
・証文の出し遅れ
11月18日
・小馬の朝勇み
・御機嫌を伺う
11月17日
・是非に及ばない
・豚に念仏猫に経
11月16日
・汚点を残す
・頭寒足熱
11月15日
・蛇足
・待てば海路の日和あり