今日のことば

3月16日

象牙の塔
象牙(ぞうげ)の塔(とう) 《慣》


[注記] 〈la tour d'ivoire〉の訳語。サント‐ブーブがロマン派の作家ヴィニーを評して言った言葉で、俗世間を離れて、もっぱら高邁(こうまい)な芸術を楽しむ境地

現実から逃避した、観念的な学究生活。また、その研究室。

「象牙の塔を出て、政界に足を入れる」
喉元過ぎれば熱さを忘れる
喉元(のどもと)過(す)ぎれば熱(あつ)さを忘(わす)れる


どんなに熱いものを飲んでも、喉を通り過ぎればその熱さを忘れる。苦しい経験も、それが過ぎ去ればけろりと忘れてしまう。苦しい時に恩を受けても、楽になると恩を忘れてしまう、という意。いろはがるた(江戸)の一。





バックナンバー
5月23日
・耳をつんざく
・火を通す
5月22日
・色気を示す
・鼻息が荒い
5月21日
・ベンチを暖める
・ああ言えばこう言う
5月20日
・花は根に鳥は故巣に
・手の内を見せる
5月19日
・気の病
・算盤が合う
5月18日
・非を鳴らす
・赤繩を結ぶ
5月17日
・下種は槌で使え
・耳を塞ぐ