今日のことば

1月12日

喉元過ぎれば熱さを忘れる
喉元(のどもと)過(す)ぎれば熱(あつ)さを忘(わす)れる


どんなに熱いものを飲んでも、喉を通り過ぎればその熱さを忘れる。苦しい経験も、それが過ぎ去ればけろりと忘れてしまう。苦しい時に恩を受けても、楽になると恩を忘れてしまう、という意。いろはがるた(江戸)の一。
連枝
連枝(れんし)


[出典] 〈文選(もんぜん)・蘇武(そぶ)の詩、従弟(じゅうてい)に別(わか)る〉

貴人の兄弟をいう。枝(えだ)を連(つら)ね幹(みき)を同じくする意からという。

[原文] 「況(いわ)んや我は連枝の樹(じゅ)、子(し)と一身を同じくす」

[参考] 『太平記(たいへいき)』巻十九に「春宮(とうぐう)は連枝の御兄弟……」とある。





バックナンバー
3月19日
・立錐の余地も無い
・一人口は食えぬが二人口は食える
3月18日
・ベンチを暖める
・奉公人の陰口
3月17日
・調子を合わせる
・血に飢える
3月16日
・象牙の塔
・喉元過ぎれば熱さを忘れる
3月15日
・積善の家には必ず余慶あり
・分別過ぐれば愚に返る
3月14日
・バスに乗り遅れる
・胸がつかえる
3月13日
・頭寒足熱
・愛敬を振りまく