今日のことば

12月7日

竹の子生活
竹(たけ)の子(こ)生活(せいかつ) 《慣》


家計が苦しいため、竹の子の皮を一枚ずつはぐように、衣類などを少しずつ売りながら暮らしていく生活。特に、第二次世界大戦直後の窮乏生活を言う。

「終戦直後の竹の子生活を思うと、世の中も変わったものだ」
姿を消す
姿(すがた)を消(け)す 《慣》


何かの行方が分からなくなる意で、今まで存在した物事が全く認められなくなったり、意識されていた事柄がすっかり忘れられたりすること。

「戦後十年にして戦禍の跡は姿を消し、昔ながらの落ち着いた町並みになった」





バックナンバー
5月23日
・耳をつんざく
・火を通す
5月22日
・色気を示す
・鼻息が荒い
5月21日
・ベンチを暖める
・ああ言えばこう言う
5月20日
・花は根に鳥は故巣に
・手の内を見せる
5月19日
・気の病
・算盤が合う
5月18日
・非を鳴らす
・赤繩を結ぶ
5月17日
・下種は槌で使え
・耳を塞ぐ