今日のことば

8月11日

一人歩き
一人歩(ひとりある)き 《慣》


(1)人の助けを借りずに、独力で生きること。

「大学を卒業してやっと一人歩きを始めたばかりで、まだとても結婚なんて考えられない」

(2)物事が初めの予想や意図に反して思わぬ方向に進んでいくこと。

「設立当初の目的を離れて規約だけが一人歩きをするようになり、妙な形式主義に陥ってしまった」
分がある
分(ぶ)がある 《慣》


勝負などで勝ち目がある。

「今日の試合は日本チームの方に分がある」

[反対] 分がない





バックナンバー
12月14日
・咳唾珠を成す
・最期を遂げる
12月13日
・俗耳に入りやすい
・読書百遍義自ら見る
12月12日
・目算を立てる
・日光を見ずして結構と言うな
12月11日
・喉から手が出る
・断金の交わり
12月10日
・耳を塞ぐ
・一人歩き
12月9日
・愛多ければ憎しみ至る
・芸は身を助ける
12月8日
・櫛の歯が欠けたよう
・どすがきく