今日のことば

8月11日

一人歩き
一人歩(ひとりある)き 《慣》


(1)人の助けを借りずに、独力で生きること。

「大学を卒業してやっと一人歩きを始めたばかりで、まだとても結婚なんて考えられない」

(2)物事が初めの予想や意図に反して思わぬ方向に進んでいくこと。

「設立当初の目的を離れて規約だけが一人歩きをするようになり、妙な形式主義に陥ってしまった」
分がある
分(ぶ)がある 《慣》


勝負などで勝ち目がある。

「今日の試合は日本チームの方に分がある」

[反対] 分がない





バックナンバー
3月19日
・立錐の余地も無い
・一人口は食えぬが二人口は食える
3月18日
・ベンチを暖める
・奉公人の陰口
3月17日
・調子を合わせる
・血に飢える
3月16日
・象牙の塔
・喉元過ぎれば熱さを忘れる
3月15日
・積善の家には必ず余慶あり
・分別過ぐれば愚に返る
3月14日
・バスに乗り遅れる
・胸がつかえる
3月13日
・頭寒足熱
・愛敬を振りまく