今日のことば

7月13日

山をかける
山(やま)をかける 《慣》


相手の出方などに大体の見当をつけ、そこにねらいを定める。

「カーブに山をかけていたら、直球で攻められた」

[類句] 山を張る
プラスアルファ
プラスアルファ 《慣》


定まった数量にいくらか付け加えること。

「賃上げ交渉は当局側の回答プラスアルファで妥結した」





バックナンバー
9月22日
・底に底あり
・病膏肓に入る
9月21日
・魚心あれば水心
・座が白ける
9月20日
・日光を見ずして結構と言うな
・気が無い
9月19日
・禍も三年たてば用に立つ
・獅子奮迅
9月18日
・鼻息を窺う
・顔を利かす
9月17日
・竹を割ったよう
・パンチがきく
9月16日
・一人歩き
・愛多ければ憎しみ至る