今日のことば

5月17日

呉下の阿蒙
呉下(ごか)の阿蒙(あもう)


[出典] 〈三国志(さんごくし)・呉志(ごし)・呂蒙伝(りょもうでん)注〉

進歩のない昔のままの人物。三国時代の魯粛(ろしゅく)が久しぶりに会った呂蒙(りょもう)に対して、君は今では学問も上達していて、昔、呉にいた時の蒙君ではない、といった故事による。「呉下」は呉の地方、「阿」は親しんで呼ぶ時に添える語、日本語の「お」にあたる。

[原文] 「江表伝(こうひょうでん)に曰(いわ)く、……粛(しゅく)、蒙(もう)の背を拊(う)ちて曰く、吾(われ)(おも)えらく、大弟は但(た)だ武略あるのみ、と。今に至りて学識英博、復(ま)た呉下(ごか)の阿蒙(あもう)に非(あら)ず、と。蒙曰く、士、別るること三日、即(すなわ)ち更に刮目(かつもく)して相待(あいま)て、と〔江表伝にいう、魯粛(ろしゅく)が呂蒙(りょもう)の背を打って言った、私はあなたがただ武略だけの人かと思っていたが、今ではあなたは学識が広く、もはや、もとの呉の国の蒙さんではありませんね。呂蒙は言った、士は別れて三日たてば、目をこすってその進歩をよく見て待遇してもらいたい〕」
有頂天
有頂天(うちょうてん)


うまくいった喜びのあまり、我を忘れること。大得意。有頂天は、仏教で九天の最上の天。形あるものの世界の最高所。

[注意] 「有頂点」は誤り。





バックナンバー
5月25日
・木石に非ず
・連理の枝
5月24日
・櫛の歯が欠けたよう
・愛多ければ憎しみ至る
5月23日
・内股膏薬
・大徳は小怨を滅ぼす
5月22日
・下手の横好き
・功名を竹帛に垂る
5月21日
・火中の栗を拾う
・赤繩を結ぶ
5月20日
・針の筵
・耳をつんざく
5月19日
・眼をつける
・竹屋の火事