今日のことば

12月8日

眼光紙背に徹する
眼光紙背(がんこうしはい)に徹(てっ)する


紙の裏まで見通す意で、読書の際、単に字句の解釈にとどまらず、その内容を深く読み取ること。

「眼光紙背に徹する者にのみ、この作者の真の意図がくみ取れるだろう」
愚者も一得
愚者(ぐしゃ)も一得(いっとく)


[出典] 〈史記(しき)・淮陰侯伝(わいいんこうでん)

愚か者の考えにも、一つぐらいは良い考えがある。

千慮(せんりょ)の一得

[原文] 「智者(ちしゃ)も千慮には必ず一失あり、愚者も千慮には必ず一得あり〔知恵者でも、千の考えの中には必ず一つぐらいのはずれがあり、愚かな者でも、千の考えの中には必ず一つぐらいはとるべきものがある〕」





バックナンバー
5月25日
・木石に非ず
・連理の枝
5月24日
・櫛の歯が欠けたよう
・愛多ければ憎しみ至る
5月23日
・内股膏薬
・大徳は小怨を滅ぼす
5月22日
・下手の横好き
・功名を竹帛に垂る
5月21日
・火中の栗を拾う
・赤繩を結ぶ
5月20日
・針の筵
・耳をつんざく
5月19日
・眼をつける
・竹屋の火事