今日のことば

10月13日

内股膏薬
内股膏薬(うちまたごうやく) 《慣》


[注記] 内股に付けた膏薬は右足に付いたり左足に付いたりすることから

その時々の都合で、無定見・無節操にあちらに従ったりこちらに従ったりして、態度のはっきりしないこと。また、そのような人。

「あの男は内股膏薬だから、当てにはできない」

[類句] 二股(ふたまた)膏薬
姿を消す
姿(すがた)を消(け)す 《慣》


何かの行方が分からなくなる意で、今まで存在した物事が全く認められなくなったり、意識されていた事柄がすっかり忘れられたりすること。

「戦後十年にして戦禍の跡は姿を消し、昔ながらの落ち着いた町並みになった」





バックナンバー
9月22日
・底に底あり
・病膏肓に入る
9月21日
・魚心あれば水心
・座が白ける
9月20日
・日光を見ずして結構と言うな
・気が無い
9月19日
・禍も三年たてば用に立つ
・獅子奮迅
9月18日
・鼻息を窺う
・顔を利かす
9月17日
・竹を割ったよう
・パンチがきく
9月16日
・一人歩き
・愛多ければ憎しみ至る