今日のことば

9月14日

爪を立てるところもない
爪(つめ)を立(た)てるところもない


足のつま先で立っている場所もないくらい、ぎっしりとつまっていること。

[類句] 立錐(りっすい)の地なし/立錐の余地も無い
気が長い
気(き)が長(なが)い 《慣》


のんびりしていて、めったに焦らない様子。また、焦らずに時間をかけて何かをする様子。

「完成まで十年以上かかるとは、ずいぶん気が長い話だ」





バックナンバー
2月19日
・一山当てる
・爪を立てるところもない
2月18日
・いい目を見る
・山をかける
2月17日
・証文の出し遅れ
・上を見れば方図がない
2月16日
・骨休めをする
・夢は逆夢
2月15日
・二進も三進も行かない
・暖簾を下ろす
2月14日
・着のみ着のまま
・熨斗を付ける
2月13日
・顔をこしらえる
・一人歩き