辞書凡例

デイリーコンサイス日中辞典

ご利用にあたって

1. 
本サービスには『デイリーコンサイス日中辞典』を収録しています。
2. 
図版、付録などは収録されていません。また、書籍と一部違うところがございます。
3. 
詳細は、以降の凡例をお読みください。

本辞典は2000年4月,『デイリーコンサイス中日・日中辞典』の日中として出発した.ひろく読者の支持を得,温い励ましをいただいたのは,まことに幸いであった.すでに数年を経たことでもあり,今回,全体を見直して,単独に出版することとした.前回は中日辞典の読者からの要望に応えるべく,急遽,作業に着手し,いわば中日辞典を補完する付録的な意味をこめて作ったのであったが,準備期間の短かさから,編者自身も些か心残りを感じていた.今回改訂に当っては,大幅に手を入れ,そうした編者自身の心残りを,相当程度解消できたかと思う.換言すれば,その分だけ,読者にとって利用価値が増したかと思う.
前回で特長として挙げた4項のうち,
①約2万8千の見出し語と,2万2千を越える短い用例を含めた.利用の便を考えて,見出し語には,多くの場合,変化形や複合語をも別項目として立てた.
②語釈,用例のすべてにピンイン(ローマ字による発音表記)を加えて,読音検索の手間を省いた.
③コンピュータ用語を含め,カタカナ語を多く収録した.
の3項は今回も変わらない.今回の改訂では,
①見出し語のうち,日本語として重要度が低い項目を削除した.
②社会の変化にともなって,新聞記事,IT機器上に頻出する新語を,可能な範囲で追加した.
③語釈,用例とも修正の手を加えた.
④二色刷りにして見やすくした.
⑤前回あったコラムは百科コラムとして付録に移し,付録には更にひとくち中国語会話,世界の主な人名,世界の国名を新たに加えた.
小型辞典は情報量が限られているが,あくまで実用かつ携帯至便を旨とする辞典である.教室で,外出先で,さらには旅先で,急場の助けとして活用されることを,編者は願っている.
言うまでもないが,本辞典の編纂に際しては,日中両国の先行する多くの辞典から多大の教示を得ている.いちいち名は挙げないが,深く感謝する.
今回の編集を担当されたのは,日原きよみさん,三省堂の野村良平,近山昌子のお三方である.ご苦労をかけた.
2004年10月
編者一同
凡例

Ⅰ 見出し語について

1.
見出し語は,ひらがな・カタカナ,アルファベットの表記とした.

Ⅱ 表記について

1.
見出し語に対する漢字の表記を【 】で囲んで記した.サ変動詞・形容動詞など活用が考えられる語は,【−する】などとした.その場合,見出し語は,語幹のみを記した.
きかく【企画−する】▶规划 guīhuà
きかい【奇怪−な】▶奇怪 qíguài

Ⅲ 訳語について

1.
訳語・用例訳の始まりには▶をつけ,中国文が日本文に紛れてしまわないようにすべて赤色の文字で表示した.
2.
見出し語が複数の語義を持つ場合,混乱を避けるため原則的に語義分類を《 》に入れて設けた.また,必要に応じて語義番号をふった.
きざむ【刻む】
❶《ものを》
切碎 qiēsuì
♦玉ねぎを〜 ▶切碎洋葱 qiēsuì yángcōng
❷《記憶する》
♦心に〜 ▶铭刻在心 míngkèzài xīn
❸《時間》
♦時を〜 ▶计时 jìshí

Ⅳ 用例について

1.
用例の始まりには ♦ をつけた.
2.
慣用表現・成句などの場合,一部を検索用に見出し語として立て,用例で処理をしたものもある.
3.
用例中,見出し語に当たる語は〜で表した.ただし,語形変化をしているときには全書した.
せく【急く】
《急ぐ》▶
♦気が〜 ▶着急 zháojí
♦〜ことはない ▶不必仓促 búbì cāngcù
♦急いては事を仕損じる ▶急中易出错

Ⅴ 用例訳について

1.
用例訳の始まりには ▶ をつけた.逐語訳を避け,限りなく近いニュアンスの訳を記した.

Ⅵ ピンインについて

1.
すべての訳語・用例訳には,ピンインをつけた.また,次行にわたるときはハイフン(−)でつないだ.

Ⅶ 記号について

1.
簡単な補足説明および,省略可能な部分は,( )に入れて記した.
2.
差し替え可能な語は[ ]に入れて記し,わかりづらい差し替えは中国文・ピンイン中では 「 で示した.
ぐあい【具合】
❶《体調》
♦胃の〜が良い[悪い]▶胃的状态「好[不好] wèi de zhuàngtài 「hǎo[bùhǎo]

著作権

デイリーコンサイス日中辞典
編 者
杉本 達夫・牧田 英二・古屋 昭弘 共編
発行者
株式会社 三省堂
(C)2005-2013