今日のことば

8月10日

心を配る
心(こころ)を配(くば)る 《慣》


細かい点にまで注意が行き届くように心がける。

「相撲部屋の女将(おかみ)さんは、弟子の健康から精神状態にまで心を配らなければならない」

[類句] 心配りをする
論より証拠
論(ろん)より証拠(しょうこ)


物事を明らかにするには、口先だけで議論するよりも、実際に証拠を示すほうが早いし正確である。いろはがるた(江戸)の一。

[参考] Seeing is believing. 〔見ることは信じることである〕





バックナンバー
9月22日
・どすがきく
・苦あれば楽あり
9月21日
・捨てる神あれば拾う神あり
・座が白ける
9月20日
・坩堝と化す
・燃犀の明
9月19日
・時の用には鼻をそげ
・骨折り損のくたびれ儲け
9月18日
・底に底あり
・顔を利かす
9月17日
・味なことをやる
・万難を排する
9月16日
・琴線に触れる
・ぐうの音も出ない