今日のことば

8月8日

傍若無人
傍若無人(ぼうじゃくぶじん)


[出典] 〈史記(しき)・刺客伝(せっかくでん)・荊軻(けいか)

人まえをはばからずに、勝手気ままに振る舞うこと。「傍」は「旁」とも書く。「傍(かたわら)に人なきが若(ごと)し」と読み、そばに人がいても全く気にしないで、人がいないように、勝手放題に振る舞うこと。

[原文] 「高漸離(こうぜんり)、筑(ちく)を撃ち、荊軻(けいか)、和(わ)して市中に歌い、相楽(あいたの)しむなり。已(すで)にして相泣(あいな)き、旁(かたわら)に人(ひと)無き者の若(ごと)し〔高漸離(こうぜんり)が筑(琴に似た楽器)をかきならし、荊軻(けいか)がこれに合わせて町中を歌い歩き、皆で楽しんだ。やがて皆でわっと泣き出し、まるでそばに人などいないような振る舞いであった〕」
御機嫌を伺う
御機嫌(ごきげん)を伺(うかが)う 《慣》


何かをする際に相手の機嫌を損ねないように、また、気に入られるようにと、その機嫌のよしあしに気を使う。

「課長の御機嫌を伺いながら仕事をするのも楽じゃない」





バックナンバー
9月22日
・どすがきく
・苦あれば楽あり
9月21日
・捨てる神あれば拾う神あり
・座が白ける
9月20日
・坩堝と化す
・燃犀の明
9月19日
・時の用には鼻をそげ
・骨折り損のくたびれ儲け
9月18日
・底に底あり
・顔を利かす
9月17日
・味なことをやる
・万難を排する
9月16日
・琴線に触れる
・ぐうの音も出ない