今日のことば

7月15日

竹を割ったよう
竹(たけ)を割(わ)ったよう 《慣》


[注記] 竹がまっすぐ縦に割れることから

さっぱりとした性質で、物事にこだわらない様子。

「竹を割ったような気性」
木の股から生まれる
木(き)の股(また)から生(う)まれる


人情を解しないもの、男女の情がわからないものを、人の子ではないと言ったことば。

[類句] 木仏金仏石仏(きぶつかなぶついしぼとけ)





バックナンバー
8月8日
・傍若無人
・御機嫌を伺う
8月7日
・ベンチを暖める
・一樹の陰一河の流れも他生の縁
8月6日
・眼をつける
・豚に念仏猫に経
8月5日
・ぐるになる
・姿を消す
8月4日
・造作も無い
・駄駄をこねる
8月3日
・一人歩き
・筆を揮う
8月2日
・弁慶の泣き所
・米寿