今日のことば

1月13日

弁慶の泣き所
弁慶(べんけい)の泣(な)き所(どころ)


[注記] そこを打つと弁慶ほどの強者でも泣くほど痛い所の意で、向うずねのこと

強大な力を発揮しているものにとっての、ただ一つの弱点。

「外角の変化球が彼にとっては弁慶の泣き所だ」
一人歩き
一人歩(ひとりある)き 《慣》


(1)人の助けを借りずに、独力で生きること。

「大学を卒業してやっと一人歩きを始めたばかりで、まだとても結婚なんて考えられない」

(2)物事が初めの予想や意図に反して思わぬ方向に進んでいくこと。

「設立当初の目的を離れて規約だけが一人歩きをするようになり、妙な形式主義に陥ってしまった」





バックナンバー
9月19日
・時の用には鼻をそげ
・骨折り損のくたびれ儲け
9月18日
・底に底あり
・顔を利かす
9月17日
・味なことをやる
・万難を排する
9月16日
・琴線に触れる
・ぐうの音も出ない
9月15日
・芸は身を助ける
・火を見るよりも明らかだ
9月14日
・度胸が据わる
・世話を焼かせる
9月13日
・火を通す
・股を刺して書を読む