今日のことば

1月12日

眼をつける
眼(がん)をつける 《慣》


因縁をつけるために相手の顔をじっと見る。不良仲間で用いる言葉。

「眼をつけたと言って、不良に絡まれる」
是非に及ばない
是非(ぜひ)に及(およ)ばない 《慣》


事態が切迫して、そうすることがいいかどうかなどと論じ合っている余裕がない様子。

「事ここに至っては、人員を整理し、事業を縮小することも是非に及ばないであろう」





バックナンバー
9月19日
・時の用には鼻をそげ
・骨折り損のくたびれ儲け
9月18日
・底に底あり
・顔を利かす
9月17日
・味なことをやる
・万難を排する
9月16日
・琴線に触れる
・ぐうの音も出ない
9月15日
・芸は身を助ける
・火を見るよりも明らかだ
9月14日
・度胸が据わる
・世話を焼かせる
9月13日
・火を通す
・股を刺して書を読む