今日のことば

12月10日

ぺてんにかける
ぺてんにかける 《慣》


言葉巧みに人をだます。

「もっともらしいことを言って人をぺてんにかけようとしたって、だまされないぞ」

[自動詞] ぺてんにかかる
緑林
緑林(りょくりん)


[出典] 〈後漢書(ごかんじょ)・劉玄伝(りゅうげんでん)

盗賊の異称。漢代に、盗賊が緑林という山にこもったからいう。

[原文] 「新市の人王匡(おうきょう)・王鳳(おうほう)、……遂(つい)に推(お)されて渠帥(きょすい)(悪者のかしら)と為(な)り、衆数百人。是(ここ)に於(おい)て諸(もろもろ)の亡命(ぼうめい)、馬武(ばぶ)・王常(おうじょう)・成丹(せいたん)(ら)、往(ゆ)いて之(これ)に従い、……緑林中に臧(かく)れ、数月の間に七八千人に至る」





バックナンバー
1月28日
・幽明境を異にする
・愛敬を振りまく
1月27日
・情が強い
・所を得る
1月26日
・ポイントを稼ぐ
・てにをはが合わない
1月25日
・ぺんぺん草が生える
・緑林
1月24日
・気が無い
・益体もない
1月23日
・証文の出し遅れ
・名を成す
1月22日
・傾蓋旧の如し
・地に落ちる