今日のことば

12月8日

右の耳から左の耳
右(みぎ)の耳(みみ)から左(ひだり)の耳(みみ)


右の耳から聞いた言葉が、すぐに左の耳から抜け出てしまう。聞いた事が少しも頭に残らないことにいう。
輪をかける
輪(わ)をかける 《慣》


一回り大きくする意で、一段と程度がまさる様子。

「お姉さんも美人だが、妹さんはさらに輪をかけて美しい」





バックナンバー
9月21日
・捨てる神あれば拾う神あり
・座が白ける
9月20日
・坩堝と化す
・燃犀の明
9月19日
・時の用には鼻をそげ
・骨折り損のくたびれ儲け
9月18日
・底に底あり
・顔を利かす
9月17日
・味なことをやる
・万難を排する
9月16日
・琴線に触れる
・ぐうの音も出ない
9月15日
・芸は身を助ける
・火を見るよりも明らかだ