今日のことば

12月5日

座が白ける
座(ざ)が白(しら)ける 《慣》


今までの楽しかった雰囲気がこわされ、気まずい状態になる。

「彼のとげのある一言で、すっかり座が白けてしまった」
尾大掉わず
尾大(びだい)掉(ふる)わず


[出典] 〈左伝(さでん)・昭公(しょうこう)十一年〉

上が弱小で下が強大な時は、制御することができないたとえ。獣の尾があまり大きいと、自分の力で振り動かすことができない、という意。

[原文] 「末(すえ)大なれば必ず折れ、尾(お)大なれば掉(ふる)わざるは、君の知る所なり〔木の枝が大きすぎると、その本がきっと折れるし、獣の尾が大きすぎると、その尾を自由に振るい動かすことができないことは、主君もよく御存知(ごぞんじ)のことです〕」





バックナンバー
8月10日
・心を配る
・論より証拠
8月9日
・股を刺して書を読む
・蛇足
8月8日
・傍若無人
・御機嫌を伺う
8月7日
・ベンチを暖める
・一樹の陰一河の流れも他生の縁
8月6日
・眼をつける
・豚に念仏猫に経
8月5日
・ぐるになる
・姿を消す
8月4日
・造作も無い
・駄駄をこねる