今日のことば

11月14日

芝居気を出す
芝居気(しばいぎ)を出(だ)す 《慣》


大げさなことをやって、世間の注目を集めてやろうという気を起こす。話し言葉では「しばいっけを出す」とも。

「芝居気を出して、冒険旅行を計画する」
糞土の牆は杇る可からず
糞土(ふんど)の牆(しょう)は杇(ぬ)る可(べ)からず


[出典] 〈論語(ろんご)・公冶長(こうやちょう)

性根(しょうね)のだめな者は、いくら教えても無駄である。はきだめの土で造った土壁は、こてで上塗りをすることはできない。「杇」は壁を塗る、こて。転じて、こてで塗ること。

朽木(きゅうぼく)は雕(え)る可(べ)からず





バックナンバー
12月5日
・座が白ける
・尾大掉わず
12月4日
・ペンを折る
・上手を行く
12月3日
・私淑
・着のみ着のまま
12月2日
・耳をつんざく
・女の髪の毛には大象も繋がる
12月1日
・大徳は小怨を滅ぼす
・鳩に三枝の礼あり烏に反哺の孝あり
11月30日
・鶏を割くに焉んぞ牛刀を用いん
・俑を作る
11月29日
・時の用には鼻をそげ
・蛇に噛まれて朽ち縄に怖じる