今日のことば

11月13日

乱臣賊子
乱臣賊子(らんしんぞくし)


[出典] 〈孟子(もうし)・滕文公(とうぶんこう)下〉

国を乱す臣と親をそこなう子。

[原文] 「孔子、春秋を成して、乱臣賊子懼(おそ)る〔孔子が『春秋(魯(ろ)の国の歴史書)』を作ったので、世の中の善と悪とが明らかになり、悪人どもは恐れた〕」
最期を遂げる
最期(さいご)を遂(と)げる 《慣》


残された人に何らかの感懐を抱かせるような状態で死を迎える。

「信長(のぶなが)は本能寺の変で非業の最期を遂げた」





バックナンバー
12月5日
・座が白ける
・尾大掉わず
12月4日
・ペンを折る
・上手を行く
12月3日
・私淑
・着のみ着のまま
12月2日
・耳をつんざく
・女の髪の毛には大象も繋がる
12月1日
・大徳は小怨を滅ぼす
・鳩に三枝の礼あり烏に反哺の孝あり
11月30日
・鶏を割くに焉んぞ牛刀を用いん
・俑を作る
11月29日
・時の用には鼻をそげ
・蛇に噛まれて朽ち縄に怖じる