今日のことば

9月30日

蛇足
蛇足(だそく)


[出典] 〈戦国策(せんごくさく)・斉策(せいさく)

余計なつけたし。無用のもの。昔、楚(そ)の国で数名の者が酒を賭(かけ)にして、蛇(へび)を早く描(か)きあげる競争をした。早くできた一人が得意になり、不必要な足まで描き加えたために、酒をもらいそこなったという故事。

「この議論は、すでに識者によって言い尽くされており、今更蛇足を加える必要もないほどである」

[原文] 「楚(そ)に祠(まつ)る者有り。其(そ)の舎人(しゃじん)に巵酒(ししゅ)(大杯に盛った酒)を賜う。舎人相謂(あいい)って曰(いわ)く、数人にて之(これ)を飲めば足らず、一人之を飲めば余り有り。請う地に画(えが)きて蛇(へび)を為(な)し、先(ま)ず成らん者酒を飲まん、と。一人、蛇先ず成る。酒を引いて且(まさ)に飲まんとす。乃(すなわ)ち左手に巵(し)を持ち、右手に蛇を画(えが)きて曰く、吾(われ)(よ)く之が足を為さん、と。未(いま)だ成らざるに、一人の蛇成る。其の巵を奪いて曰く、蛇は固(もと)より足無し。予(われ)(いずく)んぞ能く之が足を為さん、と。遂(つい)に其の酒を飲む。蛇足(だそく)を為す者、終(つい)に其の酒を亡(うしな)えり」
さもありなん
さもありなん 《慣》


聞いた話などに対して、いかにもありそうな話だ、確かにそうに違いないと思う気持ちを表わす言葉。

「彼女、上役と大喧嘩(おおげんか)して退社したと聞いたが、気性の激しい彼女ならさもありなんという感じだね」





バックナンバー
8月3日
・一人歩き
・筆を揮う
8月2日
・弁慶の泣き所
・米寿
8月1日
・目が覚める
・どろんを決める
7月31日
・犠牲を払う
・所を得る
7月30日
・右へ倣え
・盗人に鍵を預ける
7月29日
・プラスアルファ
・小馬の朝勇み
7月28日
・大風の吹いたあと
・出たとこ勝負