今日のことば

9月27日

骨休めをする
骨休(ほねやす)めをする 《慣》


働き続けた後などに、休養を取って、心身の疲れをいやす。

「年じゅうあくせく働いているんだから、たまには温泉にでも行って骨休めをしなくちゃ」
緑林
緑林(りょくりん)


[出典] 〈後漢書(ごかんじょ)・劉玄伝(りゅうげんでん)

盗賊の異称。漢代に、盗賊が緑林という山にこもったからいう。

[原文] 「新市の人王匡(おうきょう)・王鳳(おうほう)、……遂(つい)に推(お)されて渠帥(きょすい)(悪者のかしら)と為(な)り、衆数百人。是(ここ)に於(おい)て諸(もろもろ)の亡命(ぼうめい)、馬武(ばぶ)・王常(おうじょう)・成丹(せいたん)(ら)、往(ゆ)いて之(これ)に従い、……緑林中に臧(かく)れ、数月の間に七八千人に至る」





バックナンバー
8月3日
・一人歩き
・筆を揮う
8月2日
・弁慶の泣き所
・米寿
8月1日
・目が覚める
・どろんを決める
7月31日
・犠牲を払う
・所を得る
7月30日
・右へ倣え
・盗人に鍵を預ける
7月29日
・プラスアルファ
・小馬の朝勇み
7月28日
・大風の吹いたあと
・出たとこ勝負