今日のことば

9月19日

胸に手を当てる
胸(むね)に手(て)を当(あ)てる 《慣》


犯した誤りや失敗を反省するように促すときに用いる言葉。

「なぜ、同じ誤りばかり繰り返すのか、自分の胸に手を当ててよく考えてごらんなさい」
愚者も一得
愚者(ぐしゃ)も一得(いっとく)


[出典] 〈史記(しき)・淮陰侯伝(わいいんこうでん)

愚か者の考えにも、一つぐらいは良い考えがある。

千慮(せんりょ)の一得

[原文] 「智者(ちしゃ)も千慮には必ず一失あり、愚者も千慮には必ず一得あり〔知恵者でも、千の考えの中には必ず一つぐらいのはずれがあり、愚かな者でも、千の考えの中には必ず一つぐらいはとるべきものがある〕」





バックナンバー
8月3日
・一人歩き
・筆を揮う
8月2日
・弁慶の泣き所
・米寿
8月1日
・目が覚める
・どろんを決める
7月31日
・犠牲を払う
・所を得る
7月30日
・右へ倣え
・盗人に鍵を預ける
7月29日
・プラスアルファ
・小馬の朝勇み
7月28日
・大風の吹いたあと
・出たとこ勝負