今日のことば

6月17日

合従連衡
合従連衡(がっしょうれんこう)


[出典] 〈史記(しき)・孟子伝(もうしでん)

縦の同盟と横の同盟。「従」は縦、「衡」は横。戦国時代に蘇秦(そしん)が、南北に並んだ趙(ちょう)・魏(ぎ)・韓(かん)・燕(えん)・斉(せい)・楚(そ)の六か国の、縦の連盟を組織して西方の強国の秦に対抗させようとした外交策を合従といい、そののち張儀(ちょうぎ)が六か国を説いて横に秦に服従して、存立を図らせようとした外交策を連衡といった。

[原文] 「天下方(まさ)に合従連衡(がっしょうれんこう)に務め、攻伐(こうばつ)を以(もっ)て賢と為(な)す〔その時、天下のものは、合従連衡のことに努め、攻めたり伐(う)ったりする能力のある者を賢いと考えていた〕」
濡れ手で粟
濡(ぬ)れ手(て)で粟(あわ)


濡れた手で粟を掴(つか)むと、粟粒(あわつぶ)がくっついてたくさんつかめる。苦労しないで多くの利益を得ることをいう。「濡れ手で粟の掴み取り」ともいう。

[類句] 一攫千金(いっかくせんきん)





バックナンバー
11月17日
・是非に及ばない
・豚に念仏猫に経
11月16日
・汚点を残す
・頭寒足熱
11月15日
・蛇足
・待てば海路の日和あり
11月14日
・芝居気を出す
・糞土の牆は杇る可からず
11月13日
・乱臣賊子
・最期を遂げる
11月12日
・是非も無い
・弁慶の泣き所
11月11日
・無芸大食
・合従連衡