今日のことば

6月14日

最期を遂げる
最期(さいご)を遂(と)げる 《慣》


残された人に何らかの感懐を抱かせるような状態で死を迎える。

「信長(のぶなが)は本能寺の変で非業の最期を遂げた」
小馬の朝勇み
小馬(こうま)の朝勇(あさいさ)み


初めにあまり力を入れ過ぎて早く疲れてしまうことの例え。小馬は、朝はたいそう元気で走りまわっているが、やがて疲れてしまうからいう。「小馬の朝駆(あさが)け」ともいう。





バックナンバー
2月26日
・魚腹に葬らる
・造作も無い
2月25日
・胸に手を当てる
・分別過ぐれば愚に返る
2月24日
・小馬の朝勇み
・莫逆の友
2月23日
・沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり
・汚点を残す
2月22日
・傍若無人
・連理の枝
2月21日
・口も八丁手も八丁
・竹の子生活
2月20日
・美味も喉三寸
・物色