今日のことば

6月11日

待てば甘露の日和あり
待(ま)てば甘露(かんろ)の日和(ひより)あり


いくらひでりが続いていても、待っていればいつかは、甘い露のような恵みの雨が降る日もある。あせらずに時期を待つのがよいというたとえ。「待てば海路(かいろ)の日和あり」ともいう。
目をそらす
目(め)をそらす 《慣》


そのまま見続けるのがぐあいが悪かったりして、視線を外す。

「彼は身にやましいところがあるのか、私と目が合うと、あわてて目をそらした」





バックナンバー
7月20日
・目をそらす
・草を結ぶ
7月19日
・高慢は出世の行き止まり
・夢は逆夢
7月18日
・頭寒足熱
・物色
7月17日
・十指に余る
・頤を解く
7月16日
・菩提を弔う
・針の穴から天を覗く
7月15日
・徹頭徹尾
・竹屋の火事
7月14日
・功名を竹帛に垂る
・内股膏薬