今日のことば

6月8日

立派な口をきく
立派(りっぱ)な口(くち)をきく 《慣》


それだけの実質を備えていないのに、偉そうなことを言う。

「命を賭(か)けてもなどと立派な口をきいていたが、もし失敗したらどうするつもりだね」
易簀
易簀(えきさく)


[出典] 〈礼記(らいき)・檀弓(だんぐう)上〉

賢人の死をいう。「簀」は寝床の下に敷く、竹を編んだすのこ。孔子の弟子の曾子(そうし)が、死にのぞんで家老の季孫(きそん)から貰(もら)った立派な簀(すのこ)を、身分にふさわしくないといって、無理に易(か)えさせて息を引きとった、という故事による。





バックナンバー
12月5日
・座が白ける
・尾大掉わず
12月4日
・ペンを折る
・上手を行く
12月3日
・私淑
・着のみ着のまま
12月2日
・耳をつんざく
・女の髪の毛には大象も繋がる
12月1日
・大徳は小怨を滅ぼす
・鳩に三枝の礼あり烏に反哺の孝あり
11月30日
・鶏を割くに焉んぞ牛刀を用いん
・俑を作る
11月29日
・時の用には鼻をそげ
・蛇に噛まれて朽ち縄に怖じる