今日のことば

5月10日

死の商人
死(し)の商人(しょうにん) 《慣》


兵器などの軍需産業によって利益を上げている資本家を非難の気持ちを込めて言う言葉。

「彼等のような死の商人は、どこかで戦争が始まるのを待ち望んでいるのだ」
ねじが弛む
ねじが弛(ゆる)む 《慣》


気が弛んで、締まりがなくなる。

「ねじが弛んでいるから遅刻をするんだ」





バックナンバー
7月4日
・愚者も一得
・ピントがぼける
7月3日
・御機嫌を伺う
・有頂天
7月2日
・てにをはが合わない
・色が褪せる
7月1日
・顔を利かす
・積善の家には必ず余慶あり
6月30日
・何分にも
・草を結ぶ
6月29日
・目をそらす
・咳唾珠を成す
6月28日
・高慢は出世の行き止まり
・頭が高い