今日のことば

5月10日

死の商人
死(し)の商人(しょうにん) 《慣》


兵器などの軍需産業によって利益を上げている資本家を非難の気持ちを込めて言う言葉。

「彼等のような死の商人は、どこかで戦争が始まるのを待ち望んでいるのだ」
ねじが弛む
ねじが弛(ゆる)む 《慣》


気が弛んで、締まりがなくなる。

「ねじが弛んでいるから遅刻をするんだ」





バックナンバー
12月11日
・鞘を取る
・筆を曲ぐ
12月10日
・ぺてんにかける
・緑林
12月9日
・頭が高い
・木の股から生まれる
12月8日
・右の耳から左の耳
・輪をかける
12月7日
・煙あれば火あり
・血に飢える
12月6日
・物色
・竹の子生活
12月5日
・座が白ける
・尾大掉わず