今日のことば

5月7日

股を刺して書を読む
股(もも)を刺(さ)して書(しょ)を読(よ)む


[出典] 〈戦国策(せんごくさく)・秦策(しんさく)

一心に勉学すること。眠くなると、錐(きり)で股(もも)を刺し、痛さで眠気をさましながら読書に励んだ、蘇秦(そしん)の故事。

[原文] 「書を読み睡(ねむ)らんと欲すれば、錐(きり)を引いて自ら其(そ)の股(もも)を刺す。血流れて足に至る」
一人口は食えぬが二人口は食える
一人口(ひとりぐち)は食(く)えぬが二人口(ふたりぐち)は食(く)える


同じ収入でも、二人ではどうにか生活できるが、一人ではその割に生活はできない。「二人口は過ごせるが一人口は過ごせぬ」ともいう。





バックナンバー
7月12日
・パンチがきく
・櫛の歯が欠けたよう
7月11日
・角突き合わせる
・目鼻立ちが整う
7月10日
・呉下の阿蒙
・調子を下げる
7月9日
・赤繩を結ぶ
・平気の平左
7月8日
・顔を貸す
・罰が当たる
7月7日
・花は桜木人は武士
・論より証拠
7月6日
・熱しやすく冷めやすい
・旅路の命は路用の金