今日のことば

4月18日

手の内を見せる
手(て)の内(うち)を見(み)せる 《慣》


(1)腕前のほどを相手に見せる。

「おれの手の内を見せてやろう」

(2)心中に抱いている計画などを明かす。

「本心を探ろうとしても、なかなか手の内を見せない」
草を結ぶ
草(くさ)を結(むす)ぶ


[出典] 〈左伝(さでん)・宣公(せんこう)十五年〉

死後に恩に報いること。春秋時代、晋(しん)の魏顆(ぎか)は魏武子(ぎぶし)の子であった。武子に妾(めかけ)があったが、子はなかった。武子が病んだ時、武子は魏顆に、自分が死んだら妾を他に嫁にやれと言った。後に武子が危篤になった時、武子はこの妾を殺して自分の葬に殉ぜしめよと言った。武子が死んだ時、魏顆は父の正気の時の遺言に従うと言って、妾を他に嫁せしめた。その後、晋は秦(しん)と戦った。輔氏(ほし)という所で一人の老人が草を結んで、秦の勇将の杜回(とかい)を禦(ふせ)いでいた。杜回は、老人の結んだ草につまずいて倒れ、魏顆は杜回を討ち取って秦軍を破った。後にその老人が顆の夢に現われ、自分はあの妾の父である、君が先君の正気の時の命に従って娘を助けてくれたので、その恩に報いたのである、と語った。

[参考] 李密(りみつ)の「陳情(ちんじょう)の表(ひょう)」に「臣、生きては当(まさ)に首(こうべ)を隕(おと)すべく、死しては当に草を結ぶべし」とある。





バックナンバー
12月13日
・熨斗を付ける
・眉唾もの
12月12日
・造作も無い
・縁もゆかりも無い
12月11日
・鞘を取る
・筆を曲ぐ
12月10日
・ぺてんにかける
・緑林
12月9日
・頭が高い
・木の股から生まれる
12月8日
・右の耳から左の耳
・輪をかける
12月7日
・煙あれば火あり
・血に飢える