今日のことば

4月9日

間髪を容れず
間髪(かんはつ)を容(い)れず


[出典] 〈説苑(ぜいえん)・正諫(せいかん)

ほとんど間をおかずに。時間的余裕が全くなく。すぐに。ただちに。事態がさしせまって、その間に髪の毛一本を入れるすきまもないということ。

「先生の質問に間髪をいれず答える」

[原文] 「墜(お)ちて深淵(しんえん)に入らば、以(もっ)て復(ま)た出(い)で難し。その出づると出でられざると、間、髪を容(い)れず〔深い淵(ふち)の底に落ちてしまったならば、二度と出られない。その出られるか出られないかは、その間に髪の毛一本も入れるすきもない〕」

[注意] 「かんぱつをいれず」と続けて読まずに、「かん、はつをいれず」と、ちょっと切って読む。
赤繩を結ぶ
赤繩(せきじょう)を結(むす)ぶ


[出典] 〈続幽怪録(ぞくゆうかいろく)

夫婦の縁を結ぶこと。「赤繩の契り」ともいう。

月下氷人(げっかひょうじん)





バックナンバー
12月6日
・物色
・竹の子生活
12月5日
・座が白ける
・尾大掉わず
12月4日
・ペンを折る
・上手を行く
12月3日
・私淑
・着のみ着のまま
12月2日
・耳をつんざく
・女の髪の毛には大象も繋がる
12月1日
・大徳は小怨を滅ぼす
・鳩に三枝の礼あり烏に反哺の孝あり
11月30日
・鶏を割くに焉んぞ牛刀を用いん
・俑を作る