今日のことば

4月6日

山をかける
山(やま)をかける 《慣》


相手の出方などに大体の見当をつけ、そこにねらいを定める。

「カーブに山をかけていたら、直球で攻められた」

[類句] 山を張る
苦あれば楽あり
苦(く)あれば楽(らく)あり


苦しいことがあると、その後には楽しいこと楽なことがある。人生の苦楽は一概には言えないということ。「楽あれば苦あり、苦あれば楽あり」と使う。





バックナンバー
12月11日
・鞘を取る
・筆を曲ぐ
12月10日
・ぺてんにかける
・緑林
12月9日
・頭が高い
・木の股から生まれる
12月8日
・右の耳から左の耳
・輪をかける
12月7日
・煙あれば火あり
・血に飢える
12月6日
・物色
・竹の子生活
12月5日
・座が白ける
・尾大掉わず