今日のことば

7月13日

山をかける
山(やま)をかける 《慣》


相手の出方などに大体の見当をつけ、そこにねらいを定める。

「カーブに山をかけていたら、直球で攻められた」

[類句] 山を張る
プラスアルファ
プラスアルファ 《慣》


定まった数量にいくらか付け加えること。

「賃上げ交渉は当局側の回答プラスアルファで妥結した」





バックナンバー
2月18日
・ぺてんにかける
・竜虎相搏つ
2月17日
・十指に余る
・爪を立てるところもない
2月16日
・治に居て乱を忘れず
・曲がりなりにも
2月15日
・いい目が出る
・烙印を押される
2月14日
・どじを踏む
・弓折れ矢尽きる
2月13日
・縁もゆかりも無い
・粋は身を食う
2月12日
・断金の交わり
・合点承知之助