今日のことば

5月18日

座が白ける
座(ざ)が白(しら)ける 《慣》


今までの楽しかった雰囲気がこわされ、気まずい状態になる。

「彼のとげのある一言で、すっかり座が白けてしまった」
ほうきで掃くほど
ほうきで掃(は)くほど


数がやたらに多い形容。掃いて捨てるほど。





バックナンバー
5月25日
・木石に非ず
・連理の枝
5月24日
・櫛の歯が欠けたよう
・愛多ければ憎しみ至る
5月23日
・内股膏薬
・大徳は小怨を滅ぼす
5月22日
・下手の横好き
・功名を竹帛に垂る
5月21日
・火中の栗を拾う
・赤繩を結ぶ
5月20日
・針の筵
・耳をつんざく
5月19日
・眼をつける
・竹屋の火事