今日のことば

5月18日

座が白ける
座(ざ)が白(しら)ける 《慣》


今までの楽しかった雰囲気がこわされ、気まずい状態になる。

「彼のとげのある一言で、すっかり座が白けてしまった」
ほうきで掃くほど
ほうきで掃(は)くほど


数がやたらに多い形容。掃いて捨てるほど。





バックナンバー
1月18日
・駄駄をこねる
・小馬の朝勇み
1月17日
・連理の枝
・芝居気を出す
1月16日
・筆を曲ぐ
・菩提を弔う
1月15日
・逆捩を食う
・花は根に鳥は故巣に
1月14日
・台風の目
・是非も無い
1月13日
・大風の吹いたあと
・頭寒足熱
1月12日
・喉元過ぎれば熱さを忘れる
・連枝